寝屋川市の高宮には、高宮神社と大杜御祖神社の二つの神社がある。両社とも延喜式内社で親子関係の神社!
寝屋川市 高宮 高宮神社(たかみやじんじゃ)

大阪の神社

寝屋川市高宮には、高宮神社たかみやじんじゃ大杜御祖神社おおもりみおやじんじゃの二つの神社があり、両社とも延喜式内社えんぎしきないしゃで、かつ親子関係の神社との事です。

創建の年月は不詳。もとは若宮神社と呼ばれていた。
御祭神は『先代旧事本紀』(平安時代)に高宮神主たちの祖先と記載されている天剛風命あめのこかぜのみこと大杜御祖神社の御祭神、天萬魂命あめのよろずたまのみことの子神にあたります。
江戸時代には、旧讃良郡内の一番の大宮として「一の宮」とも呼ばれていました。

先代旧事本紀せんだいくじほんぎとは、日本の史書であり、神道における神典である。『旧事紀くじき』あるいは『旧事本紀くじほんぎ』ともいう。
平安初期に編纂へんさんされたと推定される歴史書。本書の序には、620年聖徳太子、蘇我馬子らの撰録せんろくするところと記すが、『古事記』『日本書紀』『古語拾遺しゅうい』などからの引用があるので、本書は807年以後に成立したもの。ただし本書の内容から推して、その成立は平安初期であることは確実。

高宮神社の基本情報

【神社名】
高宮神社たかみやじんじゃ

【御祭神】
天剛風命あめのこかぜのみこと

【鎮座地】
〒572-0806
大阪府寝屋川市高宮おおさかふねやがわしたかみや2-11-6

【祭日】
十月十七日

高宮神社周辺マップと経路

画像出典:© OpenStreetMap contributors

入口~境内

古い民家が建ち並ぶ河内街道沿いに入口がある。

【手水舎】

【鳥居】

【寝屋川市案内板】

高宮には、ここ高宮神社と南東三〇〇メートルに鎮座する大杜御祖神社の二つの神社があり、両者も延喜式内社、かつ親子関係の神社です。一つの村の中でのこのような類例は稀有のものといえます。
 祭神は。「先代旧事本紀」(平安時代)に、高宮神主たちの祖先と記載されている天剛風命で、大杜御祖神社の祭神、天萬魂命の子神にあたります。
 江戸時代には、旧讃良郡内の一番の大宮として「一の宮」とも呼ばれていました。

寝屋川市

社殿(拝殿)

【拝殿内】

御祭神は『先代旧事本紀』(平安時代)に高宮神主たちの祖先と記載されている天剛風命です。

【本殿】

高宮神社周辺の様子

本殿の裏手から撮影。

高宮神社の木々

古い(いい意味で)民家の中にあり、摂社、末社も無い小さな神社です。手入れが行き届き、空気感が良く気持ちの良い神社でした。

秋玄寺

高宮神社から歩いて20秒ほどの場所に秋玄寺がある。

寝屋川市指定文化財 秋玄寺十三仏板碑しゅうげんじじゅうさんぶついたひがあるそうです。中に入っていいのかわからなかったので写真はなしです。

豊野村役場跡

高宮神社から歩いてまぁまぁの場所に豊野村役場跡がある(解説サインのみ)。

豊野村役場跡
かつて、この地に豊野村役場がありました。豊野村は、町村制が施行された明治二十二年(一八八九年)四月一日、国松村・秦村・太秦村・高宮村・小路村の五か村が合併して成立しました。村役場は太秦におかれ、当時の人口は、一六四三人(国松一五八人・秦四四三人・太秦三四九人・高宮四七八人・小路二一五人)と記録されています。村名の豊野の由来は、「豊穣の沃野ほうじょうのよくの」(みのり豊かな土地)を意味しています。
豊野村は、もともも讃良郡に属していましたが、明治二十九年(一八九六年)、讃良郡・茨田郡・交野郡が合併した北河内郡の成立に伴ない、北河内郡に属するようになりました。
そして昭和十八年(一九四三年)四月一日、豊野村・九個荘町(大字池田、葛原、大利、高柳、神田、対馬江、仁和寺、黒原、点野)・友呂岐村(大字郡、三井、田井、木屋、太間、石津、平池)・寝屋川村(大字木田、萱島流作新田、堀溝、河北)が合併して町制施行に伴い寝屋川町が成立し、昭和二十六年(一九五一年)五月三日、市制施行により寝屋川市が誕生しました。また、昭和三十六年(一九六一年)六月二十八日、水本村(大字寝屋、打上、燈油)を編入して現在の寝屋川市になりました。

寝屋川市

サインの裏に立派な木が立っている。豊野村役場の頃から立っていたのかな。

Googleマップ高宮神社(讃良郡一の宮)

髙宮神社(讃良郡一の宮) 072-822-2158
髙宮神社(讃良郡一の宮) · 〒572-0806 大阪府寝屋川市高宮2丁目11−23
★★★★☆ · 神社

周辺の神社 大杜御祖神社へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました